PET検査の流れ

早期発見で、がんは怖い病気ではなくなりつつあります。
他の検査と異なった視点で病巣をとらえます。
短い時間で大きな安心がえられます。

検査の手順

正確な検査結果が出ない場合がありますので、以下の点にご注意ください。
※糖尿病や疑いのある方は、あらかじめ主治医にご相談ください。
※検査1週間前から体に負担のかかる運動などはお控えください。

前日の食事制限

お食事は前日21時までにお済ませください。
それ以降は水のみ飲んでいただいて結構です。
ガムはシュガーレスであっても噛まないでください。
人間ドックと併用される方は前日21時より絶飲食でお願いします。

step.2受付

大雄会第一病院
8階健診センター受付へお越しください。

交通案内

step.3採決と薬剤注射

血糖値を計るために採血します。
その後、薬剤を静脈注射します。

step.4 安静時間

薬剤が全身に回るまで、待合室で約50分間安静にしてください。
検査直前には膀胱内の薬剤を排出するため、トイレをお済ませください。

step..5

PET-CT装置のベッドに仰向けに寝ます。
体が動かないようにベルトで固定します。
検査中はなるべく体を動かさないようにご注意ください。
約10分かけて撮像します。

step.6 検査後

お会計をお済ませいただき、お帰りいただけます。
検査後は、普通通りの生活ができます。

※検査当日中は乳幼児や妊婦さんとの緊密な接触はお控えください。

検査の手順

万一、異常所見がある場合は、速やかに精密検査や治療へとつなげます。

希望される方には担当医師による結果の説明をさせていただきます。PET-CT検査により、がんその他の病気が疑われた場合、社会医療法人大雄会が速やかな対応をします。
確かな医療技術を持つ専門医師が詳細な検査をおこない、最先端の医療機器を使い、適確な治療を開始します。
地域が必要とする最新の設備と施設を備えた急性期医療機関として全力を挙げてケアします。