PET健診コース

早期発見で、がんは怖い病気ではなくなりつつあります。他の検査と異なった視点で病巣をとらえます。

2017年4月に新しいPET-CTを導入しました。

GE Healthcare社 最高グレードのPET-CT(GE Discovery IQ)

新しいPET-CTの特徴

・検査時間の大幅な短縮(撮影時間10分)

・開放的なトンネル空間

・被ばく線量の大幅な低減

・PET-CT装置の中でも最も広い検出器を搭載

・システム感度も高く、画質の向上に伴う診断精度の向上

PET-CT検査のPETとは「ポジトロン断層撮影法」のことで、人体組織のブドウ糖の取り込みの差を画像化し診断する検査です。
がん細胞では正常細胞よりブドウ糖の取り込み方が活発です。FDGと呼ばれるブドウ糖に似た弱い放射線の出る薬剤を体内に注射すると、がん細胞に多くの薬剤が集まり、そこから放出される放射線をPETカメラと呼ばれる特殊な機器で撮影することで、がんの有無や位置を調べることができます。
がんの位置を特定できるCT検査を一体化したものがPET-CT検査で、より正確な抽出と判断が可能です。

PET健診の流れ

PET-CT健診コース一覧

検査項目比較表はこちら

日帰りコース案内

PETベーシック

ドックや画像検査を定期的に受診されている方にお勧めです。
お越しいただいてから約2時間30分で検査は終了します。

主な検査項目 全身PET-CT検査
健診費用 97,200(税込)

PETスタンダード

CT・MRI・超音波などの画像検査をバランス良く組み合わせました。
全身を総合的にチェックできる、がん健診の基本コースです。

主な検査項目 全身PET-CT検査、胸腹部CTセット、
腹部超音波検査、骨盤部MRI検査、
血液検査、尿・便検査
健診費用 183,600(税込)

PETスタンダード・RNA

がん健診の基本コースを、消化器がんに特化したマイクロアレイ血液検査(RNA検査)で補います。
内視鏡検査が苦手な方でも、より大きな安心が得られます。

主な検査項目 PET-CTスタンダード、
甲状腺超音波検査、
消化器がんマイクロアレイ血液検査(RNA検査)
健診費用 270,000(税込)

PETスタンダード・脳

がん健診の基本コースと、脳梗塞や脳血管疾患を発見する脳ドックを 1日でお受けいただけます。
お忙しい方にお勧めです。

主な検査項目 PET-CTスタンダード、頭部MRI・MRA検査、
頸部血管超音波検査、心電図検査、
胸部レントゲン検査、眼底・眼圧検査
健診費用 217,080(税込)

PETマキシマム

多種の検査で全身をくまなく検索します。 1日でお受けいただける検査をほぼ盛り込み、日本人の死亡原因第1位から第3位の疾患を含め多面的にチェックします。

主な検査項目 PET-CTスタンダード・脳、心機能セット、
甲状腺セット、
動脈硬化検査、喀痰・尿細胞診検査
健診費用 253,800(税込)

日帰りコース案内

ペットプレミアム

PET-CTマキシマムコースに上部・下部内視鏡検査を組み合わせたコースです。
2泊3日でゆっくり、かつ徹底的に全身を検査します。

主な検査項目 PET-CTマキシマム、
上部・下部内視鏡検査(胃・大腸カメラ)、
骨塩量測定検査、肺機能検査
健診費用 320,760(税込)

※ 全ての日帰りコースは火~土曜日に実施しており、1泊10,800円(特別室は16,200円)の追加でご宿泊いただけます。

コース内容は変更する事があります。